ストレスと活性酸素|ストレスがあらゆる病気を引き起こす

活性酸素が原因で起こる病気ご存じですか?癌や成人病、皮膚のトラブルなど様々な病気を引き起こしてしまう可能性が高いと言われてます。体内で活性酸素が増えてもSODという活性酸素を除去することができる酸素が人間の体を守ってくれるのです。しかし、活性酸素とSODのバランスが崩れてしまい、活性酸素が過剰に多くなってしまうことで、様々な疾患を招いてしまうのです。

病気の90%が活性酸素が原因となって起こっていることが多いと言われているのです。更に活性酸素が増えることにより、老化を招いてしまうとも言われています。

★ストレスと活性酸素★

活性酸素は食生活やタバコ、大量の飲酒、過度なスポーツ、紫外線などが原因となっていますが、ストレスを受けることにより、副腎皮質ホルモンが分泌されて、活性酸素を発生すると言われています。更に、ストレスは抗酸化ビタミンを大量に消費してしまうのです。

実際に、ストレスを抱えることにより、様々な体調不良を抱える人も多いと思いますが、その中で一番の原因となっているのが、活性酸素が発生して多くなるということで不調になってしまうことが挙げられます。

直接的には関係なのですが、体の中では様々なことが起こっている状態となっています。その結果で様々な病気を引き起こすことに繋がっています。

実際に、今の時代はストレスが無いという人はいないと思いますが、それなりに発散方法を見つけることにより、自分の体を守っていくことが出来ます。自分の好きなことを見つけることもお勧めできますが、私がお勧めできる方法を紹介します。

・休日などは自分の時間を作ることにより、体も休めることが出来ます。

・1日の疲れはきちんとその日のうちに取るように、湯船にゆっくりと浸かるようにしましょう。

・寝る時には、アロマなどでリラックスできる状態を作ることが重要です。

実際に、飲酒やタバコが増えてしまうのは、ストレスでイライラしたりすることが多いのですが、お酒は適量は体に良いと言われているので、適度な量を心掛けてください。タバコを止めるとストレスが溜まってしまい逆効果となってしまう人もいます、自分なりに本数を減らすなど、体を守ることができるように取り入れることが重要になってきます。

 

 

恋愛は体にいい事か!?恋をしているときの体の変化

恋をしていますか?私は結婚しているので、恋はしていませんが、娘の恋バナを聞いているとドキドキ、ワクワクさせられています。恋をすると体に良いと言われていますが、どんな風に良いのか紹介しますね。

その1=実際に恋をするとドキドキ、ワクワクしますよね。また、片思いだった場合には、アプローチして相手を自分に振り向かせたいと感じることもあります。でも、中々勇気を出すことが出来ないということが現実です。しかし、恋をしている人って、フェネリツアミンという神経伝達物質が分泌されていると言われています。

その2=恋をしていると仕事面でも良い結果を与えることが出来ます。恋と仕事は別を考えている人も多いと思いますが、恋をしていると頑張る意欲がわいてきますよね。ダラダラしている自分ではいられないって感じで、何にでもチャレンジしたくなりますが、それは、テストステロンが増えることにより積極的になれると言われています。

その3=恋愛をすることにより、色々なホルモンが分泌されることにより心も体もバランスは良くなりますが、恋愛をしていると悩みも多くなってしまうことがありますし、いいことばかりではなく、別れになってしまった時にはボロボロになってしまいます。

その4=実力を発揮することができると考えている人もいるようですが、それはテストステロンがカギとなっています。攻撃力のある人が勝を言われているように、実際にテストステロン数値が高い人は、性欲が高くセックスの頻度も多いと言われています。セックスをすることによりテストステロンを分泌させることが可能です。

その5=睡眠不足になってしまう人も多いと思います。ドキドキした利する場合には、眠れないほどの興奮で睡眠不足になってしまいがちですが、睡眠不足は判断能力が鈍ってしまうので、恋愛においても判断をうまく出すことが出来ない場合もあると言われています。

その6=太ってしまう。実際に恋愛を成功させて良い家庭を築いている人が太ってしまうので、幸せ太りと言っていますが、実際に年齢を重ねることにより、体の機能が低下する傾向にあり、太ってしまうことがあります。体質の変化という感じです。

恋愛の相談なら・・・電話占いロバミミ

恋っていいと感じますが、悩みもつきものです。実際に、恋にのめり込んで人生をダメになってしまった人もいますし、成功する人もいます。自分の実力を引き出すことができる恋愛なら自分にあっているパートナーを言えるのではないでしょうか。

 

 

適度な運動は病気リスクを軽減させる!病気と運動の関係

日常の生活の中で適度な運動を心掛けている人も多くなってきましたが、その反面では運動は全くやっていないという人もいると思います。そこで今回は、病気と運動の関係を紹介するので参考にして、自分の日常の生活の見直しを行ってみましょう。

・生活習慣病

実際に、最近ではよく耳にする言葉となってきました、日常の生活習慣により起こる様々な病気を指しています。その中でも、運動不足や食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足などが原因となってしまい、高血圧や脂質異常症、糖尿病、肥満などが代表的となっています。これが重なることにより命の危険を伴ってしまうと知っていますか?高血圧、脂質異常症、糖尿病は自覚症状がほとんどなく、体の中で動脈硬化が徐々に進行してしまい、心筋梗塞や脳梗塞の原因となってしまうこともあります。

★生活習慣病には運動がお勧め★

生活習慣病は、1週間に500キロカロリー以上を消費する運動をすることが良いと言われていて、コレステロールを下げることもできて、循環器系の疾患などを引き起こす可能性が低くなると言われています。更に適度な運動は、筋肉の細胞内に血中のぶどう糖を取り込みやすい状態になり、血糖の数値を自然に下げることができると言われていますし、糖尿病を防ぐことも可能なのです。その運動方法を紹介します。

・有酸素運動です。有酸素運動は誰でも無理なく取り入れることができるので日常の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。ウォーキングや水泳、エアロビクスなどが効果的で、体への負担もなく、手軽に続けることが出来ます。1日に30分程度取り入れるだけなので、自分ができることを始めてみるようにしましょう。

・筋肉トレーニングです。これは、筋肉に刺激を与えることにより筋肉量が増えて骨を強くする事ができます。その結果、骨粗鬆症や腰痛を防ぐことができて、筋肉を増やすことにより脂肪燃焼を自然にアップさせることが出来ます。代謝の良い体を作ることができるのです。しかし、注意点として、最初から無理に行うことで、関節などを傷めてしまう結果につながることもありますので、徐々に鍛えていくように進めましょう。

・ストレッチです。ストレッチは、体の筋肉をほぐすことができて、こわばっている腱を伸ばすことが出来ます。ウォーキングの前や筋トレの前に行うことにより、怪我を防止して、運動率や体への負担を減らして快適に行うことができるので、まずは、正しいストレッチを身につけるようにしましょう。

 

ファーストフードに含まれる危険物質について

ファーストフォードなどで買う物には食品添加物が含まれているのは多くの方がご存じだと思います。実際に家庭で作る料理は調味料は使いますが、添加物を使うことなく作ることが出来ますが、ファーストフードでは日持ちさせるためにも、腐らせないためにもたくさんの化学物質が入っています。

市販で購入するものには、沢山のものが配合されています。その中で、体だけを悪くするのではなく、味覚も狂ってしまう可能性もあります。実際に、味覚が来るってしまうと何を食べても味に感覚を得る事ができなくなってしまいます。

実際に、手軽に購入することができて、すぐに食べることができるので多くの方が、ファーストフードのものに頼っているのですが、体に害を及ぼしてしまう可能性のあるものが入っている場合もあると言うことがきちんと考えるようにしましょう。

また、価格も手ごろで買いやすいと考えている人もいます。しかし、1日3食1ヶ月食べてらどうなるかと言う実験を行っている人がいるのですが、初期は毎日1キロ太り、3日後には胃の調子が悪くなってしまい、勃起不全や中毒症などが始まってしまい、高脂血症、高血糖、高血圧、脂肪肝、高尿酸など実際に医師に信じられないと言うような勢いで言われて、最終的に生活習慣病になり、3週間後には死にますと警告されたようです。

でも、1ヶ月と決めていたので、続けると体調だけでなく、精神的にも不安定になってしまい、疲労感や気分が下がってしまいなどがあったようです。その後はたくさんの病名付けられて、治らなかったみたいです。

実際に、自炊をと言うのは、やっぱり健康の為ですよね。味が濃いと健康を損なうと言われていますが、アジが濃いくらいはまだ大丈夫だと思います。更に昔の人は、和食が中心で生活しているので、健康的で、ファーストフードなどもなく知恵を絞って日持ちをさせていたようですが、今の時代は、売れるものが売れるように化学物質が配合されています。

自分が良く食べる物にどんな物質が含まれているか確認してみるようにしましょう。多くの方が今の時代は便利なのでファーストフードを利用しますが、たまになら良いと思いますが、毎日になってしまうと健康だけでなく、命を落としてしまうこともあると言うことを頭に入れておくようにしましょう。

毎日飲むならにんじんジュース!がん予防にも効果的

人参ジュースって飲んだことがありますか。今話題になっているのですが、人参いは豊富なカロテンが含まれていて、栄養価の高い野菜と言えます。健康の為に、積極的に摂取している人も多いと思いますが、少しクセがあり、食べにくいと感じている人も多いと思います。

しかし、人参には大腸がんに侵されて人が人参ジュースを毎日飲んだことによりミラクルが起こったと言われています。がん細胞が消えたという話です。

人参には、抗がん作用のあるベータ―カロテンとアルファカロチンなどの優れている栄養素が豊富に含まれていて、発ガン抑制効果は期待できるという研究結果が出ているのです。

どのくらいの量を飲めば抗がん剤の代わりになるのでしょうか。症状で異なってきますが、1日数回に分けて1200CC~3000CC の量がお勧めできるようです。多いと感じる方も多いと思いますが、多くの野菜を摂取することが大事です。

実際に、栄養度を含む野菜の大量摂取は、リスクが低いと言えますが、人参ジュースは自分で作る方が良いと言われています。人参ジュースをまとめて作るのではなく、飲むだけの量を作る事と、他の野菜を入れて作る場合には、レモン汁を入れるのがポイントです。

人参だけで飲みにくいと感じた場合には、林檎を混ぜることにより飲みやすくなる、レモン汁もお勧めです。十分な栄養素を抽出するためには、圧縮式のミキサーが良いと言われています。

更に、人参は無農薬、無化学肥料の有機栽培で作られている人参を選ぶようにしましょう。農薬などを使っている場合には、発ガン性物質が含まれているものもありますので、そんなものを体内に入れることにより、効果を時間することが出来ません。

また、人参は皮と実の間に豊富に栄養素が含まれていると言われているので、皮をむかずにミキサーにかけるようにしましょう。今の時代は無農薬の野菜を探すのは難しいと言われていますが、農薬などを使っている場合には、十分に洗うことが大事になってきます。

毎日野菜が取れない人は青汁で効果的に摂取できる!

野菜が嫌いな人や、多くの野菜を同時に摂取できないと言う人も多いと思います。実際に日常では沢山の種類のものを食べると健康的と言われていますが、食材を多く取るのは難しいと思います。

そこで効果的に野菜を摂取するためにお勧めできるのが、青汁です。手軽に摂取することができて、青汁の効果は葉をすりつぶしている状態なので、ケールた大麦若葉、明日葉などを粉末にたものを飲むだけです。

また、野菜が持っているビタミンやミネラル、普段の食事での摂取は難しいと言われている、SOD酸素を取ることが出来ます。その結果が、美肌、健康維持、生活習慣の予防を期待することができるのです。

しかし、最近では、青汁もたくさんの商品が販売されるようになり、食品添加物なども配合されているものも多くあります。代表的なものが難消化デキストリンです。これは便秘を解消するために良いと言われていますが、美容や健康に良いとは言えません。

実際に青汁の効果を最大に得るためには、青汁の選び方が重要なポイントになってしまうのです。更に原料を確認することが重要で、栄養価にも凄く差が出てきます。

自分にあった商品を選ぶためには、様々な面で比較することが重要ですが、手頃な価格で購入することができるものを選ぶことも忘れないようにしましょう。実際に、高額なものは費用面で負担になり、効果があっても続けていくことが出来ない人もいますので、自分にあったものを飲み続けることにより、効率的に野菜不足を補うことができると思います。

http://xn--uckzbvfscg1896bvc3akmjnu2bduu.xyz/

また、飲みやすさも重要なので、お試しなどがある場合には、一度試してみるようにしましょう。毎日続けるためには、飲みにくい物だった場合には、無理をしてしまう傾向にあります。

無理なく飲みやすいものを購入することも忘れないようにしましょう。また、ダイエットや便秘、生活習慣などの予防を考えている人は、様々な青汁の特徴を知ることにより、効果的に美肌と健康を同時に手に入れることが出来ます。

腸と免疫の関係|腸が綺麗な人はなぜ健康なのか?

腸と免疫の関係ですが、免疫細胞が一番多く存在しているのは、腸です。人間の体は口から胃・腸へ続くトンネルのような構造で作られているのです。腸には口から入る食べ物だけでなく、細菌やウイルスなども入ります。それを侵入を止める役割を持っているのは脹です。

毎日食べ物や飲み物などの栄養素を吸収する役割も持っている大事な場所と言えます。吸収された栄養は、血液の質や体質を決定します。人の生命維持に関わっている大事な器官と言えます。

健康的な腸はピンク色でポリープや宿便が無い状態で、ハリもあり、若若しい健康的な肌の人が多く、逆に不健康の場合には、年齢よりも老けて見える傾向にします。

なので、日常の食生活が不規則な人や生活習慣病の方は、腸の働きが悪い状態と言えます。腸は第二の脳とも言われています。腸に入ったものを良い物か悪い物か判断するだけでなく、記憶する仕組みも持っていると言われています。

更に脳内の神経伝達物質の95%が腸で作られていると言われています。腸は栄養分を吸収する小腸と水分を吸収することができる大腸に別れています。小腸の大きさですが、約6センチです。大腸の大きさは約1.5㎝です。

小腸は栄養分を吸収して毛細血管を通して栄養素を全身に送る役割があり、大腸は小腸で吸収しきれていない食べ物のカスや水分が吸収されるようになっていて、最終的には、便となり排出されるようになっているのです。

便秘になって便が溜まってしまうことにより、添加物などの影響で腸内の腐敗が進んでしまいます。それが大腸の粘膜に接し続けることにより、がんや様々な病気を招いてしまう結果に繋がってしまうのです。

なのでなるべく便秘にならないようにきちんと食物繊維を多く摂取するようにしましょう。また、便の方さは水分量で決まってくると言われているので、きちんと水分補給も忘れないようにしましょう。

また、食生活が不規則な場合、食べたり食べなかったりすることにより、腸の機能が低下してしまう傾向にあるので、きちんと1日3食を決まった時間に食べるように心がけることも重要になってきます。

更にストレスも腸に大きな影響を与えてしまいますので、自分なりの発散方法を見つけるようにしましょう。悩みは、自分の心許す人に相談するようにしましょう。

 

エクストラバージンオイルの凄い力!便秘解消、癌細胞が消える

エクストラバージンオイルってご存知ですか?健康と若さを同時に手に入れることができると言われています。健康についてての効果ですが、エクストラバージンオイルには、フェノール成分が配合されていて、オレオカンタールが入っています。この成分は、わずか時間程度でがん細胞を死滅させることができると言われています。

エクストラバージンオイルの健康効果はそれだけでなく、中性脂肪やコレステロールなどの血中脂質を改善することができて、抗酸化作用があり、動脈硬化を防ぐこともできるので、心筋梗塞や脳卒中などの予防を行うことが出来ます。血管を保護することができて、血液の流れをよくすることも可能です。

また、腸を綺麗な状態で保つ事により、便器解消につなげることができる役割を持っているので、体の中のサビを取り除いてキレイな状態を保ってくれます。

エクストラバージンオイルの摂取方法ですが、一番お勧めできるのでは、飲むことです。朝一番にスプーン一杯飲むだけで生活習慣病の予防を行うことが出来ます。実際に飲むことに抵抗を感じている人も多いのですが、そんな方は、サラダのドレッシングにしたり、味噌汁などに入れたり、エクストラバージンオイルで目玉焼きを作って食べるのもお勧めです。

更に、エクストラバージンオイルは髪の悩みにも効果を発揮してくれます。エクストラバージンオイルでマッサージを行うことにより、毛穴の汚れを綺麗に落とすことが出来ます。マッサージをした後は、シャンプーを行うことにより、頭皮を綺麗に保つことが出来ます。

エクストラバージンオイルの美容効果ですが、抗酸化作用が高いのでスキンケアにも取り入れることが出来ます。一番お勧めできる方法はクレンジングとして使用することがお勧めできます。コットンにエクストラバージンオイルをしみこませて、肌に馴染ませるだけでOK!その後洗顔だけでOKです。

注意点としては、肌に使用する場合には、パッチテストを行って使うようにしましょう。問題ない場合には、保湿するために利用することが出来ます。毎日使うことにより、肌のへも良い影響を与えることができます。