腸と免疫の関係|腸が綺麗な人はなぜ健康なのか?

腸と免疫の関係ですが、免疫細胞が一番多く存在しているのは、腸です。人間の体は口から胃・腸へ続くトンネルのような構造で作られているのです。腸には口から入る食べ物だけでなく、細菌やウイルスなども入ります。それを侵入を止める役割を持っているのは脹です。

毎日食べ物や飲み物などの栄養素を吸収する役割も持っている大事な場所と言えます。吸収された栄養は、血液の質や体質を決定します。人の生命維持に関わっている大事な器官と言えます。

健康的な腸はピンク色でポリープや宿便が無い状態で、ハリもあり、若若しい健康的な肌の人が多く、逆に不健康の場合には、年齢よりも老けて見える傾向にします。

なので、日常の食生活が不規則な人や生活習慣病の方は、腸の働きが悪い状態と言えます。腸は第二の脳とも言われています。腸に入ったものを良い物か悪い物か判断するだけでなく、記憶する仕組みも持っていると言われています。

更に脳内の神経伝達物質の95%が腸で作られていると言われています。腸は栄養分を吸収する小腸と水分を吸収することができる大腸に別れています。小腸の大きさですが、約6センチです。大腸の大きさは約1.5㎝です。

小腸は栄養分を吸収して毛細血管を通して栄養素を全身に送る役割があり、大腸は小腸で吸収しきれていない食べ物のカスや水分が吸収されるようになっていて、最終的には、便となり排出されるようになっているのです。

便秘になって便が溜まってしまうことにより、添加物などの影響で腸内の腐敗が進んでしまいます。それが大腸の粘膜に接し続けることにより、がんや様々な病気を招いてしまう結果に繋がってしまうのです。

なのでなるべく便秘にならないようにきちんと食物繊維を多く摂取するようにしましょう。また、便の方さは水分量で決まってくると言われているので、きちんと水分補給も忘れないようにしましょう。

また、食生活が不規則な場合、食べたり食べなかったりすることにより、腸の機能が低下してしまう傾向にあるので、きちんと1日3食を決まった時間に食べるように心がけることも重要になってきます。

更にストレスも腸に大きな影響を与えてしまいますので、自分なりの発散方法を見つけるようにしましょう。悩みは、自分の心許す人に相談するようにしましょう。