ストレスと活性酸素|ストレスがあらゆる病気を引き起こす

活性酸素が原因で起こる病気ご存じですか?癌や成人病、皮膚のトラブルなど様々な病気を引き起こしてしまう可能性が高いと言われてます。体内で活性酸素が増えてもSODという活性酸素を除去することができる酸素が人間の体を守ってくれるのです。しかし、活性酸素とSODのバランスが崩れてしまい、活性酸素が過剰に多くなってしまうことで、様々な疾患を招いてしまうのです。

病気の90%が活性酸素が原因となって起こっていることが多いと言われているのです。更に活性酸素が増えることにより、老化を招いてしまうとも言われています。

★ストレスと活性酸素★

活性酸素は食生活やタバコ、大量の飲酒、過度なスポーツ、紫外線などが原因となっていますが、ストレスを受けることにより、副腎皮質ホルモンが分泌されて、活性酸素を発生すると言われています。更に、ストレスは抗酸化ビタミンを大量に消費してしまうのです。

実際に、ストレスを抱えることにより、様々な体調不良を抱える人も多いと思いますが、その中で一番の原因となっているのが、活性酸素が発生して多くなるということで不調になってしまうことが挙げられます。

直接的には関係なのですが、体の中では様々なことが起こっている状態となっています。その結果で様々な病気を引き起こすことに繋がっています。

実際に、今の時代はストレスが無いという人はいないと思いますが、それなりに発散方法を見つけることにより、自分の体を守っていくことが出来ます。自分の好きなことを見つけることもお勧めできますが、私がお勧めできる方法を紹介します。

・休日などは自分の時間を作ることにより、体も休めることが出来ます。

・1日の疲れはきちんとその日のうちに取るように、湯船にゆっくりと浸かるようにしましょう。

・寝る時には、アロマなどでリラックスできる状態を作ることが重要です。

実際に、飲酒やタバコが増えてしまうのは、ストレスでイライラしたりすることが多いのですが、お酒は適量は体に良いと言われているので、適度な量を心掛けてください。タバコを止めるとストレスが溜まってしまい逆効果となってしまう人もいます、自分なりに本数を減らすなど、体を守ることができるように取り入れることが重要になってきます。