恋愛は体にいい事か!?恋をしているときの体の変化

恋をしていますか?私は結婚しているので、恋はしていませんが、娘の恋バナを聞いているとドキドキ、ワクワクさせられています。恋をすると体に良いと言われていますが、どんな風に良いのか紹介しますね。

その1=実際に恋をするとドキドキ、ワクワクしますよね。また、片思いだった場合には、アプローチして相手を自分に振り向かせたいと感じることもあります。でも、中々勇気を出すことが出来ないということが現実です。しかし、恋をしている人って、フェネリツアミンという神経伝達物質が分泌されていると言われています。

その2=恋をしていると仕事面でも良い結果を与えることが出来ます。恋と仕事は別を考えている人も多いと思いますが、恋をしていると頑張る意欲がわいてきますよね。ダラダラしている自分ではいられないって感じで、何にでもチャレンジしたくなりますが、それは、テストステロンが増えることにより積極的になれると言われています。

その3=恋愛をすることにより、色々なホルモンが分泌されることにより心も体もバランスは良くなりますが、恋愛をしていると悩みも多くなってしまうことがありますし、いいことばかりではなく、別れになってしまった時にはボロボロになってしまいます。

その4=実力を発揮することができると考えている人もいるようですが、それはテストステロンがカギとなっています。攻撃力のある人が勝を言われているように、実際にテストステロン数値が高い人は、性欲が高くセックスの頻度も多いと言われています。セックスをすることによりテストステロンを分泌させることが可能です。

その5=睡眠不足になってしまう人も多いと思います。ドキドキした利する場合には、眠れないほどの興奮で睡眠不足になってしまいがちですが、睡眠不足は判断能力が鈍ってしまうので、恋愛においても判断をうまく出すことが出来ない場合もあると言われています。

その6=太ってしまう。実際に恋愛を成功させて良い家庭を築いている人が太ってしまうので、幸せ太りと言っていますが、実際に年齢を重ねることにより、体の機能が低下する傾向にあり、太ってしまうことがあります。体質の変化という感じです。

恋愛の相談なら・・・電話占いロバミミ

恋っていいと感じますが、悩みもつきものです。実際に、恋にのめり込んで人生をダメになってしまった人もいますし、成功する人もいます。自分の実力を引き出すことができる恋愛なら自分にあっているパートナーを言えるのではないでしょうか。