適度な運動は病気リスクを軽減させる!病気と運動の関係

日常の生活の中で適度な運動を心掛けている人も多くなってきましたが、その反面では運動は全くやっていないという人もいると思います。そこで今回は、病気と運動の関係を紹介するので参考にして、自分の日常の生活の見直しを行ってみましょう。

・生活習慣病

実際に、最近ではよく耳にする言葉となってきました、日常の生活習慣により起こる様々な病気を指しています。その中でも、運動不足や食べ過ぎ、飲み過ぎ、睡眠不足などが原因となってしまい、高血圧や脂質異常症、糖尿病、肥満などが代表的となっています。これが重なることにより命の危険を伴ってしまうと知っていますか?高血圧、脂質異常症、糖尿病は自覚症状がほとんどなく、体の中で動脈硬化が徐々に進行してしまい、心筋梗塞や脳梗塞の原因となってしまうこともあります。

★生活習慣病には運動がお勧め★

生活習慣病は、1週間に500キロカロリー以上を消費する運動をすることが良いと言われていて、コレステロールを下げることもできて、循環器系の疾患などを引き起こす可能性が低くなると言われています。更に適度な運動は、筋肉の細胞内に血中のぶどう糖を取り込みやすい状態になり、血糖の数値を自然に下げることができると言われていますし、糖尿病を防ぐことも可能なのです。その運動方法を紹介します。

・有酸素運動です。有酸素運動は誰でも無理なく取り入れることができるので日常の生活の中に取り入れてみるようにしましょう。ウォーキングや水泳、エアロビクスなどが効果的で、体への負担もなく、手軽に続けることが出来ます。1日に30分程度取り入れるだけなので、自分ができることを始めてみるようにしましょう。

・筋肉トレーニングです。これは、筋肉に刺激を与えることにより筋肉量が増えて骨を強くする事ができます。その結果、骨粗鬆症や腰痛を防ぐことができて、筋肉を増やすことにより脂肪燃焼を自然にアップさせることが出来ます。代謝の良い体を作ることができるのです。しかし、注意点として、最初から無理に行うことで、関節などを傷めてしまう結果につながることもありますので、徐々に鍛えていくように進めましょう。

・ストレッチです。ストレッチは、体の筋肉をほぐすことができて、こわばっている腱を伸ばすことが出来ます。ウォーキングの前や筋トレの前に行うことにより、怪我を防止して、運動率や体への負担を減らして快適に行うことができるので、まずは、正しいストレッチを身につけるようにしましょう。