毎日飲むならにんじんジュース!がん予防にも効果的

人参ジュースって飲んだことがありますか。今話題になっているのですが、人参いは豊富なカロテンが含まれていて、栄養価の高い野菜と言えます。健康の為に、積極的に摂取している人も多いと思いますが、少しクセがあり、食べにくいと感じている人も多いと思います。

しかし、人参には大腸がんに侵されて人が人参ジュースを毎日飲んだことによりミラクルが起こったと言われています。がん細胞が消えたという話です。

人参には、抗がん作用のあるベータ―カロテンとアルファカロチンなどの優れている栄養素が豊富に含まれていて、発ガン抑制効果は期待できるという研究結果が出ているのです。

どのくらいの量を飲めば抗がん剤の代わりになるのでしょうか。症状で異なってきますが、1日数回に分けて1200CC~3000CC の量がお勧めできるようです。多いと感じる方も多いと思いますが、多くの野菜を摂取することが大事です。

実際に、栄養度を含む野菜の大量摂取は、リスクが低いと言えますが、人参ジュースは自分で作る方が良いと言われています。人参ジュースをまとめて作るのではなく、飲むだけの量を作る事と、他の野菜を入れて作る場合には、レモン汁を入れるのがポイントです。

人参だけで飲みにくいと感じた場合には、林檎を混ぜることにより飲みやすくなる、レモン汁もお勧めです。十分な栄養素を抽出するためには、圧縮式のミキサーが良いと言われています。

更に、人参は無農薬、無化学肥料の有機栽培で作られている人参を選ぶようにしましょう。農薬などを使っている場合には、発ガン性物質が含まれているものもありますので、そんなものを体内に入れることにより、効果を時間することが出来ません。

また、人参は皮と実の間に豊富に栄養素が含まれていると言われているので、皮をむかずにミキサーにかけるようにしましょう。今の時代は無農薬の野菜を探すのは難しいと言われていますが、農薬などを使っている場合には、十分に洗うことが大事になってきます。